指しゃぶりを止めさせるのに適した時期というのは、いつ頃を指すのでしょうか。

人はひとつくらい何か癖を持っているはずです。体の一部分を動かす動作だったり言葉の使い方など、癖というものは人それぞれです。そして、その癖は大人になればなるほど無意識にしてしまう傾向にあり、急に止めようと頑張っても止めることは非常に困難です。自分自身が意識的に止めようと思っていない場合はなおさら難しいでしょう。

子供の場合でもそれは全く同じ事で、癖を止めるためにはまず第一に本人の意思が必要です。それに加えて周りが手を貸してあげられることが一番良いのです。指しゃぶりをやめさせるのも、その時期を見極めることが重要です。


sponsored link




また、指しゃぶりによって歯並びなどに影響が出てしまうのは、個人差がありますが大体4歳を超えても指しゃぶりが治っていない場合に多いです。4歳を超えるまでに卒業していれば問題ないと言えるのですが、4歳を超えてから止めさせようとしても自我が大きく芽生え、それまでずっと続けてきた癖をいきなり治すというのはなかなか難しいことでしょう。大人で言うところの禁煙と同じです。

結論としては、やはり大人の言うことをある程度理解してくれ、さらに自分でこうしたいというのを前面に出し始める3歳頃からが、指しゃぶりを止め始めるのに一番適した時期だと考えられるでしょう。


TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
yubisyaburi21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。